相手方の資力を確認

売掛金回収をする上で、相手方の資力というものはとても重要です。相手方の資力を確認せずに無理な回収を行ってしまえば、最終的に相手方が自己破産の申請などをしてしまい、売掛金の回収ができなくなってしまいます。当然ですが、債務者側から自分に資力がないと言ってくることはまずありませんから、債権者側で調査をしておかなくてはいけません。調査の方法としては債務者側が自社以外にも売掛金があったり、債務者側と連絡がつきにくい状況になっているなどの場合、資力がないという可能性は高くなります。

相手方の資力を調査し、もし不安があるという場合は売掛金の回収を急がなくてはいけません。放置しておくと破産してしまう場合もありますから、早い段階で法的手段に移行して回収できる範囲で売掛金を回収するようにすれば売掛金がまったく回収できないという事態は避ける事ができます。ですが、もちろん資力がまったくないという場合に法的手段に移行しても回収できず、費用が無駄になってしまう事が多いので、必ずしも法的手段に移行すればよいという訳でもありません。相手の資力を確認し、回収できるかどうかを考えてどのように行動するかを決めましょう。

売掛金の回収はきちんと相手方の資力を確認した上で、どのような対処をするか考える必要があります。回収できるようであればすぐに法的手段に移行するのも良いですが、資力がない場合には法的手段に移行しても意味がないので、相手の資力を調査するという事はとても重要になってきます。また、無料で相談にのってもらえる法律事務所もあるいますので、一度相談をしてみてはいかがでしょうか。

┌関連リンク
https://www.adire-saikenkaisyu.jp/debt_collection/accounts_receivable/
売掛金回収について無料相談を行っているアディーレ法律事務所です。